Intel Core i7 10510U

2020年4月21日

第10世代Intel Coreシリーズ

2019年9月に発売された第10世代のモバイル用Intel Core i7シリーズCPU。開発コードはComet Lake。国内販売されている第10世代のi7搭載ノートPCでは、1065G7と並びポピュラーなCPU。コア数とスレッド数は4コア8スレッドでTDPは15W。希望カスタマー価格は$409。10510U搭載のノートPCの現在の販売価格相場は安くて8万円台から。

ベンチマークでの性能計測

PassMark

シングル 2475
マルチ 7416

Cinebench R20

シングル 471
マルチ 1523

性能比較

第10世代のモバイル用Intel Core i7の比較

グラフはCore i7 10510Uと同じ第10世代のモバイル用Core i7シリーズとの比較。スコアはPassMarkから。シングル性能は比較対象の中では最も低いスコアですがi7だけあってデスクトップ用CPUに見劣りしない十分な性能。逆にマルチ性能ではi7の割にスコアは物足りない印象。

Intel Core i7 10510Uの仕様と規格

クロック周波数 基本1.8GHz / 最大4.9GHz
コア / スレッド数 4コア / 8スレッド
TDP 15W
内蔵GPU UHD Graphics

各項目の情報は用語解説をご参照ください。

備考

モバイル用のTDP 15WのCPUなので性能的にデスクトップ用CPUとスコアの比較では厳しいものがありますが、シングル性能はベンチマークスコア上ではデスクトップ用CPUに引けを取りません。最安のノートPCで比較すると現在10510Uと同世代のi3搭載PCが5万円前後、i5搭載PCが6万円前後で10510U搭載PCが8万円台となっており性能に価格がそのまま比例している印象です。