Intel Core i5 9300H

2020年6月4日

第9世代コアシリーズ

2019年の上半期に出荷された第9世代のモバイル用Intel Core i5シリーズCPU。開発コードはCoffee Lake。国内ではゲーミングノートPCなどにも採用されており、10万円前後の価格帯のノートPCに搭載されている事が多いようです。コア数とスレッド数は4コア8スレッドでTDPは45W、希望カスタマー価格は$250。

ベンチマークでの性能計測

PassMark

シングル 2435
マルチ 8095

Cinebench R20

シングル 422
マルチ 2111

Geekbench 5

シングル 1006
マルチ 3511

性能比較

第9世代モバイル用Core i5の比較

グラフはCore i5 9300Hと同じ第9世代のモバイル用Core i5シリーズとの比較。スコアはPassMarkから。同世代のi9は勿論、i7と比較してもマルチはかなり劣る性能。但しシングルではi7とは大きな差は無し。同じi5での比較では9400Hと大きな差は無く、単純に性能だけで考えると一つ上の世代と比較しても十分な性能となっています。

Intel Core i5 9300Hの仕様と規格

クロック周波数 基本2.4GHz / 最大4.1GHz
コア / スレッド数 4コア / 8スレッド
TDP 45W
内蔵GPU UHD Graphics 630

各項目の情報は用語解説をご参照ください。

備考

世代が1つ上の第10世代モバイル用i5と比較すると、意外にもマルチのベンチマークスコア上では性能的に上となります。但し第10世代の多くがTDP 15Wなのに対してこの世代は45Wが多く、i5 9300Hにおいても消費電力などを考慮するとワットパフォーマンスは高くありません。