AMD Ryzen 7 2800H

RYZEN

2018年9月10日に発売となっているAMD社のZenアーキテクチャ採用、第1世代Ryzen 7シリーズのモバイル用CPU。Ryzen 5 2600Hと同様にTDPや省電力より性能を重視して設計されている末尾にHが付く高性能モバイル用CPU。Ryzen 5と7の違いはあるものの仕様は非常に似通っておりコア数とスレッド数は同じ4コア8スレッドでTDPも同じ45W。

ベンチマークでの性能計測

PassMark

シングル 2147
マルチ 8073

性能比較

Ryzenモバイル第1世代性能比較

グラフはRyzen 7 2800Hと同じ第1世代のモバイル用Ryzenシリーズとの比較。スコアはPassMarkから。本来、最高性能である筈がマルチでは2600Hより低い結果に。シングルでは比較対象の中ではトップであるものの2600Hと僅差。

AMD Ryzen 7 2800Hの仕様と規格

クロック周波数 基本3.3GHz / 最大3.8GHz
コア / スレッド数 4コア / 8スレッド
TDP 45W
内蔵GPU Radeon RX Vega 11

各項目の情報は用語解説をご参照ください。

備考

2600Hと同様にベンチマークスコアの情報がPassMarkしかありませんでしたが、2600Hと比較するとシングル、マルチ共に僅差でマルチに至っては劣る結果となっていました。ただ実際には同じ4コア8スレッドでクロック周波数が若干高い事から、2800Hの方が性能的に上回る筈。また、GPUにはデスクトップ用CPUの2400Gと同じRadeon RX Vega 11が搭載されており、モバイル用のCPUとしてはグラフィック性能がかなり高いと思われます。