AMD Ryzen 5 2600H

2020年3月21日

RYZEN

2018年9月10日に発売となっているAMD社のZenアーキテクチャ採用、第1世代Ryzen 5シリーズのモバイル用CPU。Ryzenのモバイル用CPUは標準だと末尾にUが付きますが、TDPや省電力より性能を重視して設計されたモデルは末尾がHとなっています。コア数とスレッド数は2500Uや2700Uと同じ4っコア8スレッドでTDPは45Wとなっています。

ベンチマークでの性能計測

PassMark

シングル 2108
マルチ 8366

性能比較

Ryzenモバイル第1世代性能比較

グラフはRyzen 5 2600Hと同じ第1世代のモバイル用Ryzenシリーズとの比較。スコアはPassMarkから。何故か2600Hが2800Hをマルチのスコアで上回る結果に。但しシングルは僅差ではあるものの劣る結果。スコアは第1世代のデスクトップ用CPUであるRyzen 3 1300Xや1200を上回っています。

AMD Ryzen 5 2600Hの仕様と規格

クロック周波数 基本3.2GHz / 最大3.6GHz
コア / スレッド数 4コア / 8スレッド
TDP 45W
内蔵GPU Radeon Vega 8

各項目の情報は用語解説をご参照ください。

備考

ベンチマークスコアの情報がPassMarkしかありませんでしたが、スコアだけ見れば同世代のデスクトップ用Ryzen CPUと遜色ない性能。また、本来グレードが上となるRyzen 7 2700Uよりもマルチ性能で上回る結果となっています。シングルは劣るものの僅差。TDPが45WでノートPCに組み込まれている場合は静音性が気になる所。