AMD Ryzen 5 2600

2020年3月31日

RYZEN

2600Xと同じく2018年4月19日に発売されたZen+アーキテクチャ採用の第2世代Ryzen 5シリーズCPU。TDPが95Wで性能重視の2600Xと異なり無印の2600はTDP65Wでバランスの良い標準モデル。6コア12スレッドなのは同じですが価格はぐっと安くなり、現在の市場価格の相場は13000円前後。

ベンチマークでの性能計測

PassMark

シングル 2070
マルチ 13443

Cinebench R20

シングル 374
マルチ 2736

Geekbench 5

シングル 979
マルチ 5363

性能比較

デスクトップ用第2世代Ryzen3と5の比較

グラフはRyzen 5 2600と同じ第2世代のRyzen 5、Ryzen 3シリーズとの比較。スコアはPassMarkから。マルチ性能では2500Xや3400Gを大きく突き放していますがシングル性能は下位のモデルと横並びのスコア。同世代で1つ上の2600Xとは、それほど大きな差はつけられていません。

AMD Ryzen 5 2600の仕様と規格

クロック周波数 基本3.4GHz / 最大3.9GHz
コア / スレッド数 6コア / 12スレッド
TDP 65W
対応ソケット AM4
内蔵GPU 無し

各項目の情報は用語解説をご参照ください。

備考

ベンチマーク上、2600Xとの比較では予想通り全て劣るスコアが出てはいますが、その差はそれほど大きくはありません。2600Xとはベンチマークスコアやクロック周波数、TDP以上に価格差が目立ち、性能の割には非常に低価格なのが魅力となっています。