AMD Ryzen 5 1400

2020年3月22日

RYZEN

2017年4月11日に発売されたAMD社のZenアーキテクチャ採用、第1世代Ryzen 5シリーズの最下位モデルCPU。約10ヵ月後に発売された同じ第1世代Ryzen 5シリーズのGPU内蔵2400Gよりも性能は下、Ryzen 3 2200Gよりは上となります。最下位モデルとはいえ1つ上の1500Xと同じ4コア8スレッドでTDPは65W。現在は殆ど取り扱いが無くなりましたが市場価格の相場は14000円台。

ベンチマークでの性能計測

PassMark

シングル 1828
マルチ 8088

Geekbench 5

シングル 788
マルチ 3085

性能比較

Ryzen第1世代の3と5の性能比較

グラフはRyzen 5 1400と同じ第1世代のRyzen 5シリーズとRyzen 3シリーズとの比較。スコアはPassMarkから。シングル性能は1500Xと並んで最も低いスコアとなっていますが、マルチ性能はRyzen 3とは明確に差を付けています。

AMD Ryzen 5 1400の仕様と規格

クロック周波数 基本3.2GHz / 最大3.4GHz
コア / スレッド数 4コア / 8スレッド
TDP 65W
対応ソケット AM4
内蔵GPU 無し

各項目の情報は用語解説をご参照ください。

備考

ベンチマークスコアだけで見ると当時としては悪くない性能ですが現在の基準だとRyzen 5の割に物足りない印象を受けます。特に同じZenアーキテクチャで第1世代のGPU内蔵2400Gよりも性能を下回るのが残念な部分。その分だけ価格は一時、1万円を割りそうな所まで値下がったので、そのタイミングで買えた人はお得感があると思います。